成功する学習塾フランチャイズの選び方ガイド|稼ぎ塾 » 成功に導く!フランチャイズの塾経営

成功に導く!フランチャイズの塾経営

フランチャイズの塾経営の成功率を高めるためにすべきことを紹介します。

開業資金を溜める

開業に必要な初期費用は約760万円

フランチャイズで塾を開業するには、加盟金、保証金、店舗関連費、研修費で約760万円程度かかります。加盟金はフランチャイズ本部の設定によって大きく差があり、中には加盟金0円のところも。

さらに、運営資金としてロイヤリティ、賃貸料、教材費、人件費などが毎月かかるため、開業から3ヶ月分は資金として持っていたいです。この運営資金が月に売上1,000万として算出すると、3ヶ月分で約2,500万円。

個人で塾を立ち上げるより安くはなりますが、塾のフランチャイズ開業には3,000万円以上の資金を準備する必要があります。

参照元:フランチャイズ比較.net「塾のフランチャイズ開業・運営に必要な資金とは」(https://www.fc-hikaku.net/franchises/2585)

事業計画を立てる

資金調達のための事業計画書を作る

事業計画書とは、資金調達のために公的・民間の金融機関などに提示し、融資をしてもらうために必要なものです。希望の額を融資してもらうには、事業計画に説得力がなければいけません。

金融機関は、将来にわたって返済能力がない事業者にお金を貸しませんから、事業計画書での収益性を提示することは大きな意味があります。フランチャイズでの経営は個人経営より信頼を得やすいと言えるでしょう。

自分のための思考整理と可視化

事業計画を立てることは、融資の目的以外にも大きな役割があります。それは、思考の整理と可視化することです。

まずは箇条書きでも良いので、何のためにどのような塾を開きたいか改めて書き出してみましょう。アイデアや売上目標、生徒・保護者・地域との関わり、将来的にどのような塾になりたいのかなど、書きだしながらひらめいたことも書き留めます。

事業計画を立てて可視化すると、改めて方向性が見えてきます。

商圏分析をする

子どもを通わせる学習塾の選び方として、自宅や學校から近い場所にあることを重視する親が多いことが分かっています。特定エリアの居住者の属性や傾向などから、市場規模や地域特性などをグラフで可視化する「商圏分析」を行うと、塾のフランチャイズも成功させやすいでしょう。

まずは競合する塾の所在地や商圏に着いて地図上でマッピングし、立地周辺の交通状況や歩行者数、地形による店舗の見え方などにも注目しましょう。特に子どもが塾にアクセスするための交通手段・交通インフラを把握することも大切です。

ブランディングを考える 

ブランディングとは、独自のブランドを作って他の競合との差別化を図るマーケティング戦略のことです。例えばTVCMやSNSを使ったアピールなども含まれます。実際に学習塾を展開する企業の中には、ブランドパーパスを一新したり、公式WEBサイトをフルリニューアルしたりすることで、ブランディングを成功させた事例もあります。

まずは学習塾としての現状分析を行い、自社に適したターゲットを設定した上で、コンセプトに適したアピール方法を構築していきましょう。

教育理念や経営方針に合うフランチャイズ企業を選ぶ

塾フランチャイズ選びのポイントは3つ

フランチャイズのメリットを最大限に活かすために、本部選びには「知名度」「ロイヤリティ」「本部のサポート体制」の3つのポイントを抑えましょう。

ブランド力、ネームバリューがあれば集客に有利。大きな塾はサポート体制も整っていることが多いです。

毎月発生するロイヤリティも、収益を考えるとよく検討する必要があります。ロイヤリティは売上や入会金の何%と設定しているFC本部が一般的ですが、中にはロイヤリティ0円のところも。

しかし、その分知名度が低い、サポートが十分ではない場合もあるので、メリット・デメリットをよく検討して選びましょう。

大事なのは教育に対する考え方に共感できるか

教師や講師が未経験、経営が未経験でも低資金で始められるのが塾フランチャイズの利点ですが、FC本部の教育理念に共感できるかは大きなポイントです。

今後教育に関わっていくのですから、その根本となる教育に対する考え方が違う塾とFC契約すれば、制限に対して息苦しくなることも。集団指導や個別指導、使用する教材など、塾によってさまざまですから、自分の教育理念や経営方針に合うFC塾を選びましょう。

適切な形態か見極める

塾といっても、規模・内容・指導方法の3つの観点で様々な種類に分けられます。例えば大手と中小では生徒数に違いがあり、内容も受験に向けたものなのか、苦手科目に特化したものなのかは様々。集団・個別といった学び方の違いもあるため、よくチェックしましょう。

成功事例に学ぶ

塾フランチャイズ経営の成功事例をたくさん見よう

ほとんどのフランチャイズ塾の公式サイトで「先輩オーナーの声」を紹介しています。さまざまな事例を見て、どのような経緯で塾の開校までこぎつけたか、苦労した点は何か、どのように軌道に乗せたのかなど、インプットしましょう。

事例の中で、自分と似たケースがあればFC本部選びの参考にもできます。成功事例で学ぶことは多いので、たくさん読むことをおすすめします。

【学習スタイル別】
おすすめの
塾フランチャイズ本部3選
手厚い集客支援でサポート!
早期の収益化を目指せる補習塾

WAM

  • 生徒が集まった状態で開校できるように、開校前から本部がWEB集客をサポート。
  • 業界特化のハウスエージェンシー制作によるチラシで集客を支援。
初期費用
473.5万円(税込)~(※1)
講師の費用
あり
収益モデル
年収売上:2,700万円(※2)
ロイヤリティ
売上の10%
生徒単価の高い難関大専門塾!
1年で黒字化できる進学塾

現論会

  • 損益分岐は8名と、少ない生徒数でも一般的な個別塾の2.5倍の売上、4倍の収益率(※)を上げられる。
  • 教室常駐が不要なので、副業でも複数校舎運営ができる。

※参照:現論会公式HP(https://genronkai.com/fc-owner-recruitment/)

初期費用
440万円(税込)~(※1)
講師の費用
あり
収益モデル
年間売上:2260万円
(関東・生徒30名の場合)(※2)
ロイヤリティ
売上の12%
月々の支払いを抑える!
コスト重視の映像塾

松陰塾

  • 独自の自立学習教材「Showinシステム」で、
    講師が教える必要がないため、講師費用が発生しない
  • 月々のロイヤリティが不要で失敗やトラブルが少ない。
初期費用
440万円(税込)(※1)
講師の費用
なし
収益モデル
2,100万円(※2)
ロイヤリティ
なし
(システム使用料あり)

■選定条件
2023年10月26日時点、Googleにて「塾 フランチャイズ」で検索し表示された全結果のうちフランチャイズ募集がある学習塾23社と、アントレで「フランチャイズ フランチャイズ×塾・スクール」と絞り込んで該当した学習塾6社の中から、
補習塾:「WAM」……補習塾の中で唯一「本部が費用を負担し開校前から、問い合わせが30名に到達するまでWEB集客のサポートを実施。
進学塾:「現論会」……進学塾の中で唯一、生徒単価の高い大学進学を専門とするフランチャイズ。
映像塾:「松陰塾」……映像塾の中でロイヤリティが発生しない。
として選出しました。

(※1)物件取得費、設備費などは含まれません。
(※2)生徒数によって売上は異なります。また、売上を保証するものではありません。
【PR】塾のフランチャイズに加盟したオーナーの声
【PR】塾のフランチャイズに加盟したオーナーの声